活動記録

2020年2月15日(土),つくばイノベーションプラザ大会議室にて,東京成徳大学教授の石隈利紀先生をお招きして,『「チーム学校」を充実させる「チーム援助」』をテーマとした研修会を開催しました。

子供の教育を充実させていくためには,学校内外の様々な立場の様々な強みををもった教員・支援者が「ほんものチーム」を組む必要があり,その理論的背景や具体的な方法を,3時間の講義や演習を通して学びました。

また,石隈先生の優しく受容的な語り口に触れることで,前向きな気持ちと元気が湧いてくる,そんな時間にもなりました。

今回は,特別支援教育士だけでなく,臨床発達心理士,学校心理士の資格更新ポイント対象の研修会となっていたこともあり,茨城県内外の子供の支援に関わる様々な立場の100人近くの方々にお集まりいただきました。

今後も,特別支援教育士以外の支援者との連携も大切にしながら,会員の活動・実践を支えていきたいと思います。

10月27日(日)つくば地区でビジョントレーニング自主勉強会が開催されました。参加者7名と、こじんまりした会でしたが、トレーニングを実際に体験したり、普段の支援について意見を出し合ったり、現場に活かせるアイディアを得られ、充実した時間となりました。

次回は2月24日(月)にMIMの自主勉強会を予定しています。

2019年9月14日(土),つくばイノベーションプラザ大会議室で、S.E.N.Sの会茨城支部会の設立総会が行われました。

総会では、規約や支部会役員等についての提案・承認がなされ、「S.E.N.Sの会茨城支部会」が正式に発足しました。

その後、設立記念講演として、茨城支部会の会長でもある大六一志先生から「WISC-Ⅴと今後の学校での心理検査の動向」についてお話をいただきました。

設立総会、設立記念講演をとおして、計61人の方々にご参会いただき、盛会のうち閉会しました。

ご参会の皆様,ご多用の中、ありがとうございました。

この度,S.E.N.Sの会茨城支部会の設立を記念して,標記研修会を下記のとおり開催いたします。

日時:2019年9月14日(土)14:00〜17:00

演題:WISC-Vと今後の学校での心理検査の動向

講師:大六 一志 先生(日本臨床発達心理士会茨城支部 支部長)

対象:茨城支部会員、新入会希望者(準会員[一般社団法人日本LD学会正会員]を含む)、他支部のS.E.N.Sの会会員

会場:つくばイノベーションプラザ 大会議室
   〒305-0031 茨城県つくば市吾妻1-10-1 Tel:029-852-5513 ※つくば駅から徒歩3分 
   (会場には駐車場がありません。周辺の有料駐車場をご利用下さい。)

参加費:2,000円(当日受付にてお支払いください。)

その他:
(1) 一般社団法人日本LD学会正会員のうち,研修会への参加を希望される方は,2019年9月7日(土)までに,下記事項を記入したメールにてibarakisens@gmail.comまでお申し込みください。
【お名前】
【ご所属】
【LD学会会員番号】

【連絡先(携帯電話番号)】

【S.E.N.S登録番号】(S.E.N.S有資格者のみ)

(2) 特別支援教育士資格更新ポイント取得対象研修会です。(IX-I領域1ポイント)